知っておきたいフラワーギフトの種類

フラワーギフトにはどんな種類があるの?


フラワーギフトは大きく分けると3種類に分けられます。
その3種類というのがコチラ↓↓↓

@生花
Aプリザーブドフラワー
B胡蝶蘭

生花とはその名の通り、「生きている花」のことを指します。
生きた花のため、長くても数か月程度で枯れてしまいます。
これに対してプリザーブドフラワーは特殊な処理を行った「枯れない花」のことをいいます。
本サイトでご紹介している胡蝶蘭は生花の一つになるのですが、昔からフラワーギフトの定番として知られ、その市場も大きいため分けて考えられることが多いです。

続いてそれぞれのフラワーギフトのメリット・デメリットを紹介していきます。

生花のメリットとデメリット

 

上でも説明しましたが、生花とは「生きている花」のことを指します。
生花のメリット・デメリットはこちらになります↓↓↓

 

メリット
・香りがよく、みずみずしい花を楽しめること。
・季節によって旬の花があること。

デメリット
・水やり、花瓶や鉢植えへの移し替えなどのお世話が必要。
・寿命が短く、長いものでも1か月程度で枯れてしまう。

 

メリットは生きている花のためのその香りや、みずみずしさを楽しむことができます。
また、季節によって旬があるため、その季節に合った生花をプレゼントすると非常に喜ばれます。

 

しかし、生花は生きた花のため、花を長く楽しむためには水やりなどのお世話が必要になってきます。
寿命もプリザーブドフラワーなどよりも短いため、花の楽しめる期間が短いのがデメリットだと思います。

 

以上のことから、生花は花の世話やガーデニングなどが好きな方へのプレゼントとしてオススメです!
逆に忙しくお世話をする時間がない方、花の世話が苦手な方には向きません。

プリザーブドフラワーのメリット・デメリット

 

プリザーブドフラワーは生花に特殊な薬品をかけて枯れない処理を行った「枯れない花」のことを指します。
プリザーブドフラワーのメリット・デメリットはこちらになります。

 

メリット
・寿命が非常に長く、長期間美しい花を楽しむことができる。
・デザイン性が非常に高く、プレゼントとして喜ばれる。
・水やりなどの世話をする必要がない。

デメリット
・生花のように香りを楽しむことができない。
・衝撃や紫外線などに弱い。

プリザーブドフラワーは寿命が非常に長く、特にお世話をしなくても1〜3年程度美しい花を楽しむことができます。
デザイン性も非常に高く、それぞれのお店がオリジナルのプリザーブドフラワーを販売しています。

 

しかし、プリザーブドフラワーを長く楽しむためにはその保管方法・扱い方に注意する必要があります。
プリザーブドフラワーは衝撃や紫外線に対して非常にデリケートなため、人やものが当たらない場所でかつ直射日光の当たらない場所に置く必要があります。

 

以上のことからプリザーブドフラワーは、花は好きだけど忙しくて世話ができない方などにオススメです。

 

プリザーブドフラワーについてもっと知りたい方はこちらのサイトも参考にしてみてください。
こちらも私が運営しているサイトで、プリザーブドフラワーのオススメショップなども紹介しています。

 

プリザーブドフラワーの激安通販ショップランキング!

胡蝶蘭のメリット・デメリット

胡蝶蘭のメリット・デメリットはこちらの記事をご覧ください。
こちらで詳しく解説しております。

 

胡蝶蘭のメリット・デメリット