知っておきたい胡蝶蘭の贈り方

胡蝶蘭を送るタイミングは?

 

 

胡蝶蘭を送るタイミングは、送る目的によっても少し変わります。
例えば、開店祝い、開業祝いなどの際は、開業日・出店日は送られる側も非常にバタバタしているケースが多いので数日経ってある程度落ち着いてから送るのがベストです。
また、就任祝いなどの場合には就任日に送るのがいいです。

 

一般的に胡蝶蘭などの贈り物をする日は「大安」がいいとされています。
しかし、最近だとあまりそういうのにとらわれなくなってきているため、よほどお堅いところに送らない限りは全く気にする必要はありません。


胡蝶蘭を送るときに必要な情報は?

胡蝶蘭を送る際には以下の情報が必要になります。

送り主(注文者)の必要な情報
【個人名】もしくは【会社名】
【ご住所】
【電話番号】

受け取り主(お届け先)の必要な情報
【個人名】もしくは【会社名】
【ご住所】
【電話番号】


また、胡蝶蘭の大きさによっても置く場所も変わってしまうので、あらかじめ受け取り主側と相談しておくのがベストです。
胡蝶蘭は主に室内に置いておく花のため、あまりに大きすぎる胡蝶蘭だとかえって迷惑になってしまう可能性があります。
そのあたりもあらかじめ相談しておくことでトラブルも回避できます。
特に、個人経営の事務所や店舗だと置く場所が限られるケースが非常に多いので注意してください!
個人経営の事務所や店舗の場合には、一般的な胡蝶蘭よりも小さめのミディ胡蝶蘭がおススメです。
サイズは若干小さくなりますが、その美しさ・華やかさは変わりないので非常に喜ばれますよ♪